仮想通貨でFX取引することはできるのか

>

仮想通貨によるFXのメリットデメリット

仮想通貨で証拠金取引をするイメージ

仮想通貨を手に入れるのに、欲しい通貨分日本円を用意して両替するのは現物取引になります。

仮想通貨FXの場合は、例えば5万円分の仮想通貨を購入する場合に、その分の通貨が無くても取引ができます。
価値が7万円に上がったところで売ると2万円の差額が出て、買った時よりも売った時の価格が高いので、2万円は利益になります。
この利益が出た部分だけが残高として反映されます。

現物取引の場合は、5万円両替すれば同じ価値の仮想通貨がそのまま残高に反映されまずが、仮想通貨FXでは5万円購入しても残高にはならず、取引の結果で得た部分が残高になると言った具合です。

ややこしいですが、手法は数多くありますが、資金が少なくても取引ができるのが仮想通貨FXです。

為替FXと仮想通貨FXの違いは?

為替FXというのは、存在する外国通貨を取引します。
仮想通貨FXの場合は外国通貨ではなく、為替FXの仕組みを使って仮想通貨を売り買いする手法です。

取引時間が為替FXの場合は平日24時間営業に対して、仮想通貨FXの場合には年中無休の24時間営業です。
投資家が最大の魅力に感じるのは値動きの幅が大きく、一晩で急騰したり急降下する事もあります。
これから改善されるかもしれませんが、売り買いの手数料が仮想通貨FXの方が高いのも注意しておきたい相違点です。

仮想通貨を使ったFX取引は可能ですが、馴染みのある為替FXとは別のもので、仕組みを取り入れたものなので手法を知っていると取引がスムーズですが、仮想コインFXならではの特徴があると言う事です。


この記事をシェアする