仮想通貨でFX取引することはできるのか

>

今話題の仮想通貨を使ったFXは可能なのか

現物取引とは何か

実際に仮想通貨を手に入れるなら、どのようにすれば良いのでしょうか。
現物取引がわかりやすく、一般的な手段かと思います。

現物取引とは、欲しい仮想通貨の金額に対して同等の日本円なり所持している通貨を用意して交換する事をいいます。

仮想通貨の価値は日々変動します。
購入時の金額よりも価値が上回ればプラスの利益を得た事になりますし、下回れば損失になるので、感覚としてもわかりやすい投資方法かもしれません。

一晩で急落したかと思えば一晩で回復したりと値動きも多い所も特徴です。

現物取引と言っても仮想通貨に交換してしまうと、現実には存在しないデーター上の通貨になるので、何かのアクシデントでデーターが消えた場合でも国や銀行の保証は受けられないそうなので注意が必要です。

億り人と呼ばれる人たち

テレビでも取り上げられているので、億り人と言う言葉を耳にした事のある人も多いのではないでしょうか。
億り人というのは、今までは株や為替FXなどの投資で1億円を超えた利益を得た人の事を指していましたが、最近話題になっている億り人と言うのは、仮想通貨の投資で1億円の利益を得た人の事を指すようです。

7年前には仮想コイン1枚は数千円の価値でしたが、今現在は上昇と下降を繰り返しながらも平均1枚が50万円になるほど価値があがっています。
特別投資の知識はなくてもタイミングの良い時期に購入できた人は、ただ所持していただけで億り人になってしまったという人もいます。

現物取引の仮想通貨は金などの投資と同じ感覚で、所持している間に価値が上がったり下がったりを繰り返します。


この記事をシェアする