仮想通貨でFX取引することはできる?

仮想通貨でFX取引することはできるのか

今話題の仮想通貨を使ったFXは可能なのか

簡単に説明すると形として存在しない、インターネット上の通貨です。 日本では、まだまだ海外ほど主流ではないので怪しいイメージを持つ人も多いですが、デビットカードで決済するのと同じように支払いができます。 最近はインターネットショッピング以外にも、現実の店舗でも使える所が増えてきています。

FXについて知っておこう

一般的にFXと言うと為替の証拠金取引の事を思い浮かべる人が多いかと思います。 仮想通貨FXと為替FXは全く同じではありません。 ただ、駆け引きの仕組みなどは共通する部分も多いので、まず為替FXがどの様な仕組みになっているのか把握しておく必要があるでしょう。

仮想通貨によるFXのメリットデメリット

どの投資にも共通して言える事ではありますが、メリットもデメリットも存在します。 為替FXは土日が休みなのに対して仮想通貨FXでは年中無休であるがメリットだと言う声が多いです。 また、仮想通貨の場合は現実には存在しない通貨と言う事で国や銀行が関与しません。 保障の面で不安定な部分はデメリットかもしれません。

最近よく耳にする仮想通貨とは何か

ニュースでも頻繁に取り上げられるようになり、仮想通貨は広く知られるようになってきました。
一晩のうちに急騰したり、暴落したりして、儲かる時はものすごく利益はあるものの、損失も大きすぎるので、仮想通貨を所持する事がギャンブル要素の強い投資という印象を持つ人も多いかと思います。

その仮想通貨を使った証拠金取引、つまりFXをする事も可能です。
仮想通貨を使った取引所が今現在は10社ほど存在するようです。

SNSの発信で仮想通貨でFXに挑戦している人の記事も注目を浴びているようなので、チャレンジしている人も、これからチャレンジしようと思う人も増えているのではないでしょうか。

仮想通貨と現物の通貨と交換するには、旅行で他国の通貨と両替するのと同じで、交換したい金額に対して同じ価値の通貨がないとなりません。
買った時よりも通貨価値が上がればプラス、下がればマイナスという単純な仕組みになります。

仮想通貨FXの場合は、取引に必要な金額の所持金を持っていなくても通貨の売り買いが可能になります。
売り買いで起きた差額がプラスなら利益が出た事になり、マイナスなら損失です。
為替FXと同様、自己資金以上の取引が可能になるので、手軽にチャレンジできるのがメリットではあるのですが、その分リスクも大きいようです。

話題になっているので好奇心だけでチャレンジすると失敗したときのリスクの高さが予測されますし、ギャンブルではなく投資と言う考えできちんと知識を深めてから始める事をおすすめします。