• 勉強好きの少女
  • 勉強好き兄妹

学習習慣を身につける

通信教育は、幼児や小学生を始め、受験を控えた中高生、資格取得を目的とした社会人など、多くの方が利用しています。
これは自宅で行えるため、学習塾や専門のスクールなどと比べると、スケジュール調整がしやいという特徴があります。
しかし、この通信教育は自主学習であるため、モチベーションの維持が重要です。
学習塾や専門スクールと比べると、通信教育は強制さがないため、自主学習が苦手な方にとって続けるのは困難です。
また、自分でスケジュールを組み立てる必要があるということも、しっかり抑えておかなければなりません。
これらは、幼児や小学生の頃からの習慣付けが非常に役立ちます。
幼児や小学生の頃から通信教育を利用することにより、家庭学習の習慣がつくため、進級しても授業にしっかりついていくことができます。… Read more

スキマ時間を有効利用

幼児・小学生だけでなく、通信教育というものは大人でも利用しています。
大人の場合は資格取得を目的としての利用がほとんどとなっています。
この通信教育が利用される理由としては、費用が安いということの他に、時間を有効利用できるという点があげられます。
通信教育には、教材が送られてきて自身で学習するタイプと、インターネットを使用して行うタイプの2つがあります。… Read more

「どうして・なんで」を知る

通信教育では、生徒一人一人に対して添削サービスを行っているサイトが多いことも特徴です。
この添削サービスは、生徒の苦手範囲の克服などに効果的であるとされています。
添削結果は、間違えた問題などに対して、その問題を解くコツなどがコメントされて届きます。
このコメントにより、どうしてこの解き方ではいけないのか、どうしてこのような答えになるのか、何が間違っているのかといった疑問を把握することができます。
さらに通信教育では、このテストの結果をデータ化し、同じ学年の子どもたちが苦手傾向のある問題をまとめた、「苦手専用テキスト」などの作成もおこないます。
このような苦手範囲というものは、早いうちに片付けて置かなければいけません。
中学生、高校生と進学していくうちに、勉強する内容はレベルアップしていきます。
苦手意識を早くに持つということは、進学した後、スタートで躓いてしまう大きな原因となります。… Read more

自分に合った教材

幼児や小学生を対象とした通信教育には、現在多くの種類があります。
それぞれの業者ごとに違った教材やテキストとなっているので、お子様の学力や目的に合った教材選びが大切です。
まず、通信教育をして学習するということの目的を明確にする必要があります。
通信教育を利用する主な例としては、学校の授業の遅れを取り戻すことや(補修)、受験対策、家庭学習の習慣付けなどがあげられます。
もちろん通信教育では、その目的ごとに異なった教材を用意しています。
さらに、お子様の得意科目や苦手科目ごとに、テキストの難易度を設定することもできます。
そのため、より効率的な学力の向上が期待できます。… Read more